代表取締役社長 多田 昇
代表取締役社長 多田 昇

   ごあいさつ  

 

    杉元産業株式会社は、横浜にて創業30年と成りました。その間沢山の方々のご助力を賜りました。お得意先様、また、仕入先様、そして、その他の弊社に関係する諸兄の方々に先ずは、感謝申し上げたいと存じます。

 

 最近の経済状況は皆様ご承知のごとく100年に1度の世界的な不景気に見舞われております。弊社企業理念でございますが「企業と企業を繋ぎ社会に役に立つ製品造りの一助として社会に貢献する」の通りお得意先並びに仕入先その他関係する企業様と手を携えて乗り切って行く所存であります。

 

 弊社は創業当初はねじの販売から始めました。ねじと言うのは低単価部品でございます。中々数量が多くないと商売になりません。従って段々と加工品へと変化し製造業へと発展してまいりました。アスファルト用ねじアンカーも、自社開発商品の代表と言えます。お陰さまにて現在は多くのお得意先様、また、多くの仕入先様に恵まれて営業させて頂いております。

 

 近年になっては設計から完成品までを手掛ける様になりました。やはり会社を繁栄させて行くには独自色を持たなければなりません。そう言う意味合いからも、自社ブランドの開発を進めてまいりました。しかし、なかなか思う通りには行きません。特に問題になってくるのは開発費及び販売力であります。開発費については、国及び県の補助金制度を利用させて頂きました。しかし、販売については、大手企業のようにテレビ宣伝をする訳にも参りません。

 

 地道に営業するより方法は有りません。従って大変な時間と経費が掛かります。そこで現在は少し方向転換を致しました。要するに販売力を持った企業と一緒に開発することです。それがOEM生産であり、OEM開発であります。特に最近一緒に、生産、開発をさせて頂いております、協業企業さまの株式会社みどり精密様です。どの様な製品かと言いますと、このホームページにも掲載させて頂いております炉内監視カメラです。このところ販売面で拡大して来ております。この不景気の中大変喜ばれております。

 

 今後共に弊社企業理念を基本として、日本の誇れる技術を次世代へつなげていくためにも会社経営に励んで行く所存です。何卒、今後共に皆様方のご指導ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。