ポ ー タ ブ ル 式 材 料 員 数 計 数 装 置 PUCS

1. 特徴と機能  

ポータブル式材料員数計数装置 PUCS は、製品の在庫管理や出荷管理に便利に ご利用できます。PUCS はどこにでも持ち運んで、簡単に材料の員数が計数でき、 従来目視にたよっていた作業を合理化し、同時に画像がデータとして保存できる ので、工場での員数管理やお客様の対応サービスに活用できます。 

図1に装置構成を示します。 

3.PUCS の処理例 

PUCS の機能をご説明する例として、工場倉庫に積み上げられている棒鋼束の本

数を測定する例を示します。 

倉庫内には図2のように棒鋼の束が多数積み上げられています。現在は、本数

管理が必要な束は図2のようにオペレータが赤ペンキでマークしながら本数を計数しています。 

 

 

パソコン画面上に図 2 と同様の映像が映し出されています。この画面上に、計

数する材料だけをタッチペンを使って切り出します。 

 

 

境界は白い線で示されます。タッチペン操作は紙の上に鉛筆で曲線を書く操作と

同じ程度に簡単で正確に実行できます。 

 

次にペンで画面をポイントすると次の計数用二値化画面が現れます。 

 

 

この画面で、計数部品の一部が何かの陰になっており映像に移っていなかったり、照明不良で虫食い状の画面になっている部分をペンでタッチして補修します。

補修された二値化画面で員数計数を行います。計数は一瞬で終了します。キーボードで管理番号を入力すると、原画像、員数値と共にファイルされます。 

 

 

 

PUCS には手書き文字入力機能もあり、ペンで画面上に文字を記入して記録することもできます。